2-8 ヘッダー・フッダー&テキストボックス応用編

 この前の項で説明したテキストボックスですが、これはヘッダーとフッダーとあわせて使うと、また色々な事ができます。
 ヘッダー・フッダー機能は、表示させると出てくる本文の上と下だけでなく、他の箇所に入れた絵や文字も、全ページに印刷してくれるのです。ただ、普通にカーソルを置いて文字入力ができるのは本文上下の定められたところだけですが、そう、ここでテキストボックスを使えば、紙面上、さまざまな所に文字や絵を全ページにわたって入れる事ができてしまうのです。
 では、試してみましょう。まずヘッダーとフッダーを表示させてください。その状態で、テキストボックスを描きます。テキストボックスは紙面上の適当な位置に置き、書式も好きなようにして、例えば中に、「こんにちは」と打ちます。こうしてヘッダーとフッダーを終了してもとの画面に戻ると、全ページ(もしくはそのセクション、もしくは奇数or偶数ページ全て)に薄い灰色で「こんにちは」と入っているはずです。
 この機能を使えば、ページの決まった一部分に通して絵を入れることも、ページ数を本文より外側にすることも、段落と段落の間を画像で仕切ることも可能になります。





BACK
TOP
NEXT
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー