2-9 ページ設定法2(A4平綴じ)

 これまでは、A5サイズの本をA5の紙で平綴じにして作る、ということを前提に説明してきました。この項では、A5サイズの本を両面印刷したA4サイズの紙を半分に折って平綴じで作る方法について説明します。作る方法といっても、実際の製本の仕方については後に回すとして、紙がA5かA4で違ってくる、ページ設定についてです。A4の紙を使う場合、ページ設定は以下のようにします。

 <文字数と行数>
  [フォントの設定]
   フォントサイズ:8pt
   フォント:MS 明朝
   英数フォント:日本語用と同じフォント
   文字方向:縦書き
   段数:2
 <用紙サイズ>
   用紙サイズ:A4 ★
   印刷の向き:横 ★
 <余白>
   袋とじにチェック ★
   上:25
   下:15
   内:15 ★
   外:12 ★
   ヘッダー:10
 <文字数と行数>
   行数:27
   行間:12.75pt ★
 <その他>
   ヘッダーとフッダー:奇数/偶数ページ別指定

 ★マークのついている所が、A5サイズの紙の時とは違ってくるところです。他は一緒。この後にやることも一緒です。


 A5とA4、どちらの紙を使った方がいいのかというのは、人それぞれだと思います。A5の方が印刷がラクで紙を半分に折る手間も要りませんが、A5の紙を手に入れるのはちょっと大変です(A5のコピー紙は売っていないことはありませんが、その辺の文房具屋さんにはないかと思われます。とりあえず私は店頭で売られているのを見たことがありません。また、A4の紙にくらべて割高です)。私はここでも主にとりあげたとおりA5の紙で作るほうが気に入っていますが、A4を半分に切ってA5サイズの紙を作ってやっています。A4を半分に折るより切ってしまった方が、出来上がったとき、ページがめくりやすいのと本の厚さが若干薄いのでそうしています(本当に若干ですが)。でも、同人の世界では、A4を半分に折るやり方が主流との話も聞きました。
 本当にこの辺は好みではないかなあ、と思います。




BACK
TOP
NEXT
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー